ハイキング グルッペ山脈&自然保護部の活動

乾徳山2018年11月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

山梨県山梨市の乾徳山に行きました。森林あり草原あり岩稜ありの山行でした。

乾徳山登山口駐車場を出発。8時前にはほぼ満車でした。

林道を歩いて登山口に着きました。ここから針葉樹林の中を登ります。途中から落葉の樹林帯になり、明るくなります。

銀晶水。冷たい水です。

駒止です。ここまで馬が入ったのでしょうか。

紅葉がありました。

こちらは錦晶水です。

国師ケ原手前から望む乾徳山山頂です。残念ながらガスに包まれています。山頂からの展望は期待できそうにありません。

国師ケ原です。十字路になっています。近くにきれいな避難小屋があります。トイレがあります。

役小角(えんのおづぬ)像です。この山も修験に関係がありそうです。

夢窓疎石(むそうそせき)が修業したという話もあります。

この先あたりから草原になります。

草原の中の登山道を登ると、途中にこんな木が一本ありました。

扇平の途中にある月見岩です。草原の中にある大きな石です。ここで月見をしたらどんな気分でしょうか。扇平を過ぎると岩稜帯になります。

最初の鎖場が現れました。ここから鎖場が続きます。

山頂直下の鳳岩です。雨に濡れていて滑りました。

上から見るとこんな感じです。迂回路もあります。

乾徳山山頂(2031m)です。岩だらけの山頂です。視界は360度ありますが、残念ながらガスに包まれて展望はありませんでした。

下山は往路を戻ります。国師ケ原まで戻り道満尾根へ向かいます。

ちなみに山頂を通り過ぎた先には迂回路があります。

道満山山頂(1314.1m)です。標識がなければ通り過ぎてしまいそうです。

道満尾根は長い下りです。展望はありません。徳和峠の登山口です。ここから舗装道路を歩き登山口駐車場まで戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)