山スキーYS93雪けむりの活動

東北 鳥海山山スキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5月4日から6日まで山形県と秋田県の境にある鳥海山に山スキーに行って来ました。5月4日は行きの移動日、17時に鳥海山に登る道路が通行止めになるので、その前に四合目に有る大平山荘(おおだいらさんそう)に着かなければなりません。7時出発で8時間、15時には余裕で到着しました。5日は8時に宿を立ち、少し上にある山スキー登山口から登り始めました。山スキー登山口は夏山登山口より少し上にあります。すでに10台位の車が停まっています。一段上に上がって登り始めです。登り始めは多少急ですがすぐに緩斜面になりました。どちらに回り込むかチョット迷いましたが、みんなが進むピークを目指して多少急になった斜面を登ります。たどり着くと本当にピークで夏山ルートを登ったことになりました。ここで少々休憩し、一度シールを取って御浜小屋方面に向かうことにしました。雪は緩んでいますが圧雪状態なので滑り易いです。スピードをつけて御浜小屋へ向かう登りを多少なりとも滑り上がりました。ここで再度シールを貼って多少急な登りになります。ひと登りすると御浜小屋に到着。ここでお昼にして休憩。さらに登って七五三掛(しめかけ)辺りまで行きたいところですが、御田ケ原から先はまた一度下って急な登りになります。時間的にもこの辺でタイムアップでした。御田ケ原から滑走しました。ほぼ緩斜面で急なところはありません。ビデオを撮りながらのんびりと滑り降りました。雪は解け気味ですが、圧接状態なので滑りやすいです。今シーズンの締めを十分満喫しました。

大平山荘

大平山荘から眺める日本海に沈む夕陽。
大平山荘から鳥海山方面

山スキーの登山口
途中休憩
さてどっちへ進むか考えているような格好をつけています。
後からあとから登ってきます。
御浜小屋で休憩
御浜小屋で休憩
御田ヶ原っまで来ました。
頂上へ向けてコースを検討
時間的にも滑り降りることにしました。
緩斜面をのんびりと滑ります。
降りてから秋田県側の鉾立小屋に偵察。鉾立コースの登り口
鉾立小屋は観光案内所もあってかなり賑わっていました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

練馬山の会 お問い合わせ

練馬山の会では新しい仲間を募集しています。

登山に興味のある方、自宅や職場の近くの山岳会に興味のある方、山で新しいことに挑戦したい方など大歓迎です。

お問い合わせをいただき、ぜひ定期的にご見学にいらしてください。

あなた様の勇気をお待ちしています。

お問い合わせはこちら!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)