北アルプス

島々谷から霞沢岳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
南尾根に入って藪漕ぎの練習

上高地へのクラシックルート徳本峠越えと霞沢岳の藪漕ぎルートを計画しましたが、根性が足りず藪漕ぎは断念しました(2019年8月26〜27日)。

新島々駅の正面にある旧島々駅舎

新島々駅の正面にある旧島々駅舎

新島々駅近くのゲストハウスで前泊。朝イチのバスに乗り、安曇支所前で降りて島々谷の林道を歩きます。二俣から先の登山道はアップダウンも少なく、岩魚留小屋まで一気に進みました。

岩魚留小屋の前を進みます

岩魚留小屋の前を進みます

登山道は何度も沢を横切りますが、いずれも立派な橋がかかっていました。よく整備されていて安心して歩けます。沢沿いの道は涼しくて快適でした。

南沢沿いの登山道は涼しいです

南沢沿いの登山道は涼しいです

本流も枝沢もしっかりした橋がかかっています

本流も枝沢もしっかりした橋がかかっています

ちから水をすぎると沢を離れ、つづら折りが始まります。ここもよい道でした。対岸の尾根が見渡せ、かなり高くまできたことがわかります。

沢を離れてつづら折りになると峠は近い

沢を離れてつづら折りになると峠は近い

徳本峠は結構にぎやかでした。幕営の準備を終えたら天気図を取りました。移動性の高気圧が東に抜け、前線が近づいています。天気は下り坂です。

徳本峠に到着。小屋の近くにテントを張りました

徳本峠に到着。小屋の近くにテントを張りました

いつものように天気図を取ります

いつものように天気図を取ります

夕食をとりながらラジオの天気予報を聞くと、甲信地方は夜から雨で、所によっては激しく降ると言っています。ビバークは厳しいかも。霞沢岳の往復に計画を変更しました。

翌朝はテントを残して出発。昨日の夕方は雲がかかっていた穂高岳連峰がくっきりと見えます。六百山も存在感があります。

K1ピーク付近から望む穂高岳連峰。手前は六百山

K1ピーク付近から望む穂高岳連峰。手前は六百山

K1ピークからは上高地が見渡せます

K1ピークからは上高地が見渡せます

頂上は2年ぶり3度目。前回はガスで周囲が真っ白だったのでちょっとうれしい。後から来た女性と少しお話をしました。

霞沢岳の頂上に着きました

霞沢岳の頂上に着きました

南尾根はやっぱり厳しそう。1日で抜けられそうには見えません。でも、このままでは欲求不満になるので少しだけ藪に突っ込んでみました。2年前はちょろいと感じた頂上直下の藪も、それなりのボリュームがありました。

南尾根は断念。ちょっとだけ藪を漕いでみました

南尾根は断念。ちょっとだけ藪を漕いでみました

峠に戻ってテントを撤収し、上高地方面へ下山。明神の少し先で猿の群れに遭遇しました。その数およそ数十匹。人を恐れる様子もなく遊歩道を歩き、川沿いの林に入って葉っぱなどを食べていました。みんな驚いて写真を撮りまくっていたので、つられて撮ってしまいました。

明神の先で猿の群れに出くわしました

明神の先で猿の群れに出くわしました

ちょっと不完全燃焼の山行でしたが、天気には勝てません。次の機会には、もうちょっと気合を入れて臨みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)