地域別山行記事

伊豆城山 西南カンテ マルチピッチクライミング2019/12/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019/12/13金 伊豆城山の西南カンテにマルチピッチクライミング。

メンバーは、Tomoちゃんと私。

 

まずはアクセスから暴走した。

高速道路出口間違え名古屋方面へ笑。データの古いナビは伊豆縦貫道に対応していませんので・・・

「ひつまぶしでも食べに行くかー」とふざけながら、いそいそとUターンして目的地へ。

登山口には予定よりやや遅れ気味だが、無事到着し城山南壁へ向かう。

岩場には、二組ほどいたが、西南カンテへ向かう人はおらず、今回も貸し切りのようだ。天気も薄曇りだが風弱く上々のクライミング日和。

よく歩かれている踏み跡を辿って西南カンテ基部に向かう。途中倒木やらで歩きにくくなりそれに夢中になったせいか、基部を通り過ぎて西へ行き過ぎる。行き過ぎたことにも気づかず、怪しげな取付きを眺めては頭をかしげてさまようこと1時間・・・

諦めて、南壁へ戻り始めたところ、本来の取付きを発見した。いやはや情けない・・・。

そんなこんなで時間がかかり街から正午の鐘が鳴ったところでクライムオン!

 1P目はTomoちゃんから。

洗濯板のようなカンテ横の壁をのぼり、

難なくビレイ支点へ到着した。

 

2Pは私。

灌木沿いに進み、右にややトラバースしたルートのようだが、段状に乗り越えていくので、スラブ面に出たところのビレイ支点に到達するころには、ほぼ身動きが取れなくなるほどロープの流れが悪くなってしまった。

お互い姿も見えないので声は全く届かない。

 2P目の出だし

ハング気味なところを超えていくともう声が届かない。

 

 

3P Tomoちゃん

全般優しいが、1か所少し岩を巻くように動くところがやや緊張。

3P目の途中、狩野川の眺めが良い。

 

4P 私。

くの字に割れ目の入った、上部やや薄被りのピッチ。ムーブをきっちりおこしてのぼる楽しいルート。

 

矢印のように上った。上部では木に座って小休止できるポイントも。

4P目上がったところ。「楽しい~♪」とご満悦のTomoちゃん。

 

4ピッチ目が終わり終了点。ここから登山道で行くか、踏み跡で下るか迷い、踏み跡経由で。

最終的に東南壁の上に辿り着き、そこから懸垂で降りた。

 

南壁で何本かルートを上る予定だったが、スタートが遅かったため、

ブルースカイ5.9だけ。小ハングで苦戦することもさることながら、小ハング後のピンの遠さにもドキドキした。もっとスラブ練習しなくては。

薄暗くなってきたところで片づけをし下山した。

 

西南カンテルートは、スタートが大幅に遅れてしまったが、その後はおおよそ順調だった。

でもショートルートを楽しむ時間が無くなってしまったのがやはり惜しい・・・近いうちにまた行きたい。特にスラブの練習はもっとしておきたい。

帰りはナナチキ+ジュースで反省会しながら帰宅した。

おわり

練馬山の会 お問い合わせ

練馬山の会では新しい仲間を募集しています。

登山に興味のある方、自宅や職場の近くの山岳会に興味のある方、山で新しいことに挑戦したい方など大歓迎です。

お問い合わせをいただき、ぜひ定期的にご見学にいらしてください。

あなた様の勇気をお待ちしています。

お問い合わせはこちら!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)