北アルプス

天狗原から栂池 雪まみれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
天狗原から栂池へ滑り降りました

栂池-天狗原をスキーで往復してきました(2020年3月14日)。山ノ神尾根を滑る予定でしたが、雪が例年の4月初旬よりも少なかったので諦めました。

1日中雪でした。おかげでちょっとはパウダーが楽しめました。天気もさほど悪くなく多くの人が上がっていたのでトレースはバッチリ。上りは順調でした。

天狗原は降雪で見通しが悪く、目の前の白馬乗鞍も全然見えません。キャッホーと降りてくるスキーヤー、ボーダーの声が聞こえるだけです。多少風があり寒いので早々に滑り出しました。

急いでシールをはがしました

急いでシールをはがしました

新雪は気分よく滑れます。ただ、同じような景色が続くので下山コースは慎重になります。

方向を確かめながらゆっくり進みます

方向を確かめながらゆっくり進みます

なだらかな斜面は快適でした

なだらかな斜面は快適でした

 

栂小門を過ぎると傾斜が増し、ちょっとビビりました。技術がないのでターンが決まりません。ごまかしながら高度を落としていきます。ダケカンバの疎林帯に入ると傾斜が緩み、少し気が楽になりました。

疎林帯まで下ると多少スキーになりました

疎林帯まで下ると多少スキーになりました

油断するとすぐ転びました

でも、油断するとすぐ転びます

何度も転びました

何度も転びました。修行が足りません

雪まみれのシロクマ状態で下ってきました

雪まみれのシロクマ状態で下ってきました

結局転びまくって上着は雪まみれ。シロクマ状態でスキー場に下りました。でも、一番辛かったのはスキー場。せっかく降った新雪は削られ所々アイスバーンになってました。ノーエッジのクロカンは硬い斜面が苦手です。ヘロヘロになって降りてきました。

泊まった宿の前にはフキノトウが出てました。どっさりもらってきたのでフキ味噌を作りました。

宿でフキノトウをたんまりもらいました

宿でフキノトウをたんまりもらいました

これで、今シーズンのスキーは終わりかな。来シーズンはもうちょっと腕を上げたいものです。

 

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)