丹沢・ 富士山

2019年6月19日 表丹沢四十八瀬川 勘七ノ沢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年6月19日(水) 曇り時々晴れ 

【メンバー】L:マー君、SL:misz-moto、YUKI、I.K.、tanya、静

推進グループ「沢人 さわんど」で「沢登り入門」山行を初企画し、梅雨の晴れ間、表丹沢四十八瀬川勘七ノ沢へ行ってきました。

8:05大倉バス停を出発。鍋割山へのルートで二俣まで向かい、二俣で身支度をして入渓。ヒルが怖いので昼下がりのジョニーをふりかけまくる。

入渓点から30分も経たずに核心のF1が現れる。

深緑が美しい

左側から直登するが出だしが悪く、ためらうことなく残置スリングを掴む。ジリジリと体勢を右に寄せると上に良いホールドがあった。(たしか)

F1から間もなく11:00頃 F2。

メインの滝に看板がかけられている沢に来るのは今回が初めて。おかげでルートファインディングはごく優しくなりますね。

F2
右側リッジ状を登ります。

メインの滝がコンパクトに詰まっているので、すぐにF3。
釜の右側をへつり、滝右側を上る。へつり区間にはフィックスロープが張られている。 最後の一歩、乗り上げがちょっと悪いのでお助け紐を出す。

誰も落ちなかったよ( `ー´)ノ

F4 2段の滝。1段目を右から登ってみる。

F4 水が綺麗。一段目は右側を登るがやや岩が脆い。

一段目を上がるとツルツルのスラブ3mほどトラバースして二段目ルンゼに取付く。残置スリング&ロープがあり、ビレイしてもらってルンゼ下まで渡ったが、皆が渡るには時間が結構かかりそうだったので、残り5人は懸垂で下まで降り高巻いた。

F4での懸垂下降。沢登りでの懸垂下降が初めての人もいました。

堰堤の連続で一瞬気が抜けたが、取り付くとこれがなかなか手強い。堰堤は乗り上げるところハンドホールドが無かったり(平なので)する。高さも結構あるのでロープやお助け紐を出す。

難しくは無いけれど上部一か所、垂直のルンゼ状がいやらしい。

そして、メインディッシュのF5。

左側を直上。下部が核心でしょうか。

左からバンド状に上がり直上した。支点は4箇所くらいあったか。
落ち口あたりは、流心寄りがやさしい。

15:15 890m カレ沢が左に現れ、ここで沢装備解除。忘れたころにヒルに見舞われた。大倉尾根上まで一気に詰め上げる。上るほど踏み跡明瞭だが、息が切れる。

16:00大倉尾根1128m ベンチのあるところに到着!疲れた!

疲れのせいか 謎のポーズ!

予定より遅くなってしまったけれど無事18:00頃 大倉バス停に到着。みなさんお疲れさまでした。渋沢駅付近で軽く反省会&打ち上げしました☆

余談:この日、小田急線の脱線事故があり、私達ももろに影響を受けてしまった。不通区間の振替バスも4時間待ちだとか。仕方がないので小田原まで行き、JRで品川方面経由で帰宅しました。温泉でも入ってくれば良かったかな(^-^;

練馬山の会 お問い合わせ

練馬山の会では新しい仲間を募集しています。

登山に興味のある方、自宅や職場の近くの山岳会に興味のある方、山で新しいことに挑戦したい方など大歓迎です。

お問い合わせをいただき、ぜひ定期的にご見学にいらしてください。

あなた様の勇気をお待ちしています。

お問い合わせはこちら!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)