上信越

ツインスキンを試してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
根子岳でツインスキンの性能を試しました

滑走面にスキン(シール)が貼ってある新しいスキーを根子岳のバックカントリーで試してきました(2020年2月10日)。スキーの性能もよかったけど、週末までにドカンと雪が降ってくれたおかげでパフパスのパウダーを楽しむことができました。

これが今回テストしたツインスキンです。

これがツインスキンです

これがツインスキンです

グリップゾーンにスキンが2本貼ってあります。これがウロコの代わりになって登ることができるというわけです。レースでは結構実績があるということですが、バックカントリーでも使えるのでしょうか?

雪面が固ければかなり登れます

雪面が固ければかなり登れます

ウロコの効き具合は雪質にかなり影響します。固すぎても柔らかすぎてもダメ。合わないと気合と根性が必要でした。根子岳ではいつもスノーシューコースまではウロコでOKでしたが、そこから上に向かって登る時はシールを付けてました。でも、今回はそのまま登れました。

緩斜面ガシガシとラッセルしました

緩斜面ガシガシとラッセルしました

シールほどグリップしませんが、緩傾斜なら問題なし。固い斜面は安心して登れましたし、吹きだまりのラッセルも大丈夫でした。実は、あまり信用してなかったので、ちょっと意外でした。

多少、急でもスキンがよく食いつきます

多少、急でもスキンがよく食いつきます

雪がたくさん降ったので、きょうは新雪三昧です。登りのテストもそこそこに滑りました。膝まで潜る新雪を蹴散らし、気分よく滑れました。

ヒザパフいただきました

ヒザパフいただきました

ただ、ちょっと重いモコモコ雪だったので傾斜が緩むと止まってしまいました。でもそこは、交互滑走で淀みなく進めました。

ゴルフ場上部のオープンバーンを滑ります

ゴルフ場上部のオープンバーンを滑ります

ちょっと重い新雪なのでスピードが出ません

ちょっと重い新雪なのでスピードが出ません

ウロコよりは登れるし滑れるかな、という印象を持ちました。難点は、いざという時にシールが貼れないことと、撥水剤を付ける必要があるなどメンテに手間がかかることでしょうか。しばらくは、ウロコ板に代えて使ってみるつもりです。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)