地域別山行記事

11月20日快晴@笹子雁ヶ腹摺山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

11月20日土曜日、快晴の空に誘われて、笹子雁ヶ腹摺山(ささごがんがはらずりやま)に行ってきました。

笹子雁ヶ腹摺山は、大月市が選定した秀麗富嶽十二景(しゅうれいふがくじゅうにけい)の中の1座です。

12景とのことですが、何座あるか数えてみたら20座ありました。

ちょっと行きにくいところや、冬期はアプローチがしにくいところにもあったりするので、全山コンプリートには時間がかかるかもしれません。

ぼちぼち時間をかけて、綺麗な富士山を眺めに行こうかなと思っております。

 

 

舗装道路を歩くより一気にということで、電車を降りた甲斐大和駅から予約したタクシーに乗りました。

たまたま試験的に乗合タクシーの利用が始まったとのことで、タクシーが満車です。

満車と聞いたタクシー会社に教えてもらって、3軒目でようやく予約することができました。

東京と違って、タクシーの台数も少ないと思うので、予約できるかドキドキでした(^^;)

 

トンネル手前でタクシーを下車し、ここからスタートです。

 

 

 

笹子峠に向かって気持ちの良いスタート!

 

 

 

峠に着いて左方向へ行くのですが、いきなり鎖が出てきました。

事前にネットで検索していたイメージより急登です。

 

 

 

大きな鉄塔迄来ると、富士山がドーーン!

しばし時間を忘れて堪能しました。

 

 

 

笹子峠から1時間10分ほどで、本日目的の秀麗富嶽十二景・笹子雁ヶ腹摺山へ到着です。

若い男性が、ベンチに座っていました。

 

 

 

ベンチのところからだけ富士山が見えます。

若い男性は、コーヒーのカップを持ったまま、ベンチを空けてくれようとしましたが、丁寧にお礼を申し上げてご辞退させていただきました。

私たちは、ここでゆっくりしないのですから。。。

 

 

 

若い男性にお願いしてシャッターを押してもらいました。

みんな笑顔の「ウッキーポーズ」です(^^♪

 

若い男性にお礼を申し上げて、先に進みます。

 

 

 

鎖がなくても急登だねぇ~(;^_^A

 

 

 

でも、まだまだポールを活用できるくらいです。

 

 

 

下りが苦手」というSちゃん

登りだよ~ヨカッタネ!ガンバロー!

 

 

 

何度か鎖が登場。

 

この山域は、全くの初心者はいないようで、数組すれ違った方たちはみなさんとてもスマートにすれ違いをしてくださいました。

 

さあ、いよいよポールを片付ける場所にやってきました。

この先、しばらくは写真が撮れませんでした。

でも、何度か安定した場所で止まって、登ってくる仲間の姿を確認しました。

岩場は途中で鎖が途切れ、やがてトラバースに入りました。

トラバースは鎖がありましたよ。(ご安心ください!)

 

 

 

Sちゃん、トラバースが一番怖かったと言っていました。

写真ではわかりにくいけど、かなりの急斜面で落ちたらどこまでも転がって行きそうです。

足元は落ち葉でわかりにくいし、滑りやすいで…怖いよね~頑張れ!

ワタクシは、「鎖持ってたら絶対に落ちないから、ゆっくり進んでね。」と声を掛けました。

 

 

 

下りじゃなくて良かったと思える急登が満載。

四足歩行ならぬ、三点支持で進んだ方が安全ですね。

 

「次のピークでランチだよ~🍙」と声をかけて、「お腹空いたぁ~」とつぶやきながら進みました。

 

 

 

米沢山(よげさわやま)へ到着。

お待ちかねのランチタイムです。

3人だけ…そういえば、本当にあまり人に会いません。

快晴の土曜日というのに、とても静かです。

 

ランチは、「急登続き、鎖場続きで疲れたよね~」ということで、少し早めに到着したこともあり、休憩は長めにとることにしました。

 

 

 

満腹のお腹で、アップダウンを超えてお坊山(おぼうやま)へやってきました。

本当に、誰にも会わないです。

「熊注意」の看板は時折見るので、クマさん🐻はどこかにいるのだと思います。

 

 

 

ずっと向こうに南アルプスが見えました。

 

 

 

Sちゃん、痩せ尾根も怖いらしく、ちょっとお顔が引きつってそろりそろりと歩いています。

K子さんとワタクシに「慣れよ~☻」と同時に言われていました(笑)

 

 

 

 

いたるところで、いろんな種類の落ち葉のラッセルです。

まだ、あまり踏まれていないので、足首まで埋まります。

今だけの踏み心地ですね。

なんとなく、贅沢な気分(^^♪

 

大鹿峠を左に曲がり、急坂降ります。

 

 

 

ここから、景徳院に向かってひたすら下山します。

人があまり歩かない登山道は、落ち葉の下に階段や岩や滑りやすい土が隠されていました。

ちょっと、アトラクションチックだね~と笑いながら下山します。

下りが苦手なSちゃんに急がなくていいからと声をかけ、時折待ち、足元の落ち葉をかき分けてここに足を置いてと励ましました。

 

 

 

こんなに素晴らしいご褒美風景が待っていてくれました。

 

画像右下の赤い鳥居の先の電気柵を開けて、動物と人間が暮らす境目を通過しました。

 

 

 

景徳院バス停。

バスは30分後にありました。

3人で相談してバスに乗ることにしました。

 

 

 

鮮やかな紅葉を眺めながら、トイレなどの身支度を済ませ、行動食をとって待っていると、臨時バス(300円)がやってきました。

このバスは、日川峠からやってきています。

大菩薩嶺は、相当混んでいたことでしょう。

 

 

 

甲斐大和駅でソファーに座ってのんびり。

大月駅で特急あずさに乗り換えて帰京しました。

 

冬枯れと紅葉…落ち葉のラッセルと鎖場のアスレチックみたいな1日でした。

大満足~(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)