岩と雪・クライミング アルペンブルーメの活動

日和田山の岩場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年9月5日(水)

沢登りの予定でしたが、台風通過後の増水が心配なので、急きょ日和田でリーダー部研修の補習。

プルージックでバックアップして、エコバック方式の懸垂下降。

 

懸垂下降の登り返し。

 

リードの確保から脱出。

 

リードで墜落した場合の登り返し。

 

3分の1で引き上げ。

 

練馬山の会 お問い合わせ

練馬山の会では新しい仲間を募集しています。

登山に興味のある方、自宅や職場の近くの山岳会に興味のある方、山で新しいことに挑戦したい方など大歓迎です。

お問い合わせをいただき、ぜひ定期的にご見学にいらしてください。

あなた様の勇気をお待ちしています。

お問い合わせはこちら!

コメント

  1. happyhappa より:

    そうなんです。
    登る事(登攀力をつけること)と半分、ロープワーク半分。
    両方必要なんです。
    Mちゃん、ファイト!

  2. shine より:

    リードの確保からの脱出は、リードが墜落したのをビレーできるかの検証も必要です。おそらく持ってかれるので、セルフビレーをしておかないとダメですねー。

  3. ブルマ より:

    はい、そうですね。
    写真では分かりずらいかもしれませんが、メインロープでのセルフビレイを有効に活用しています。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)