ハイキング グルッペ山脈&自然保護部の活動

白馬大池

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

午前雨予報だったので1時間遅らせて出発した。白馬八方BTに着くまでには雨に打たれたこともあったが、着いてみると青空がのぞき結構暑かった。バスで栂池高原へ行き、ゴンドラリフト、ロープウエイを乗り継いで栂池ヒュッテに行く。ここから天狗原までの登りは天候が回復して汗だくになる。あたりの木々は色づき出していた。  天狗原は木道の工事中だった。職人さん有難う。前日の雨のせいだろうか、途中の道は沢登りかと思うような水の流れている中を歩いていく。ここから乗鞍岳の登りが始まる。大きな岩の間を登っていく。頂上を超えると大池が見えてくる。大池を半周して白馬大池山荘に着く。小屋の受付は混み合っていた。テント受付は混んではいないがテント場は混んでいて、ヘリポートもテント場になっていた。テントを大池の湖畔の近くに張る。山の中なのに湖畔とはこれいかに。学生のグループのような団体もいた。綺麗な夕焼けと夜空と朝日を眺め翌日小蓮華山に登り、白馬三山とその向こうに8月に登った鹿島槍ケ岳が見え、その右に小さくうっすらと槍ケ岳も見えた。久々の白馬岳山頂にたどり着く。雪渓がすごく小さくなっていて、たどり着くまで散々あるかされ、雪渓は100メートル程度しか歩けず、すぐに崖沿いの歩きにくい道を歩いて下りた。久々のテント泊でくたくたになって猿倉にたどり着いた。

ヤマレコ参照

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1596550.html

辺りは色づき出していた

天狗原の湿原

白馬乗鞍岳山頂

 

山に来たのに湖畔にいるのは妙な気分だ

連休のため小屋もテント場も混み合っていた。

小蓮華山と白馬岳

白馬三山と奥に鹿島槍ケ岳、さらに奥に槍ケ岳が見える。

槍ケ岳をアップしてみた

白馬岳の向こうに剱岳

大雪渓は右側の人がいる所までの100メートルほどしか歩けなかった

練馬山の会 お問い合わせ

練馬山の会では新しい仲間を募集しています。

登山に興味のある方、自宅や職場の近くの山岳会に興味のある方、山で新しいことに挑戦したい方など大歓迎です。

お問い合わせをいただき、ぜひ定期的にご見学にいらしてください。

あなた様の勇気をお待ちしています。

お問い合わせはこちら!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)