関東地方

ウノタワでフカフカの苔を踏む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ウノタワ

奥武蔵のウノタワを見てきました(2020年10月11日)。

ハネバミ入探索の予定でしたが長雨で変更。ウノタワに通じる林道が通行止めだったため、名郷から鳥首峠経由で往復しました。

雨でも笠があれば問題なし。大半は昔から歩かれている道なので峠までは快適に進めました。

鳥首峠

鳥首峠

その先は植林帯の尾根が続きます。キノコレーダーも石レーダーもなかなか反応しません。

倒木にいかにも美味しそうなキノコが出てました。これはいけるかも …。ちょっとかじってみます。

ニガクリタケ

ニガクリタケ

ゲゲッ! 苦い。ニガクリタケです。大外れでした。いつも見るやつより赤みが強い。ぬれていると見分けが難しいです。

キノコはないけど、栗はいっぱい落ちてました。山栗だからちっちゃい!

栗の実

栗の実

いくつかピークを越えて、ようやくウノタワです。まずは植生をチェック。想定通りでしたが、気温が低いためかお目当てのものはありませんでした。残念。

ニカワハリタケは手頃なのがいくつか出てたので確保しました。レア物なのでうれしい。

朽ち木に出ていたニカワハリタケ

朽ち木に出ていたニカワハリタケ

スギゴケの絨毯は厚みが10センチ以上ありました。フカフカです。

苔がフカフカ

苔がフカフカ

地下足袋なら踏んでも大丈夫でしょう。

苔の上を歩いてみました

苔の上を歩いてみました

白岩集落跡で鹿に会いました。普通なら「ピィ」と鳴いて一目散に走り去るのですが、こいつらはゆっくりと距離を取り、20メートルくらい先でこっちを見ていました。カモシカみたいで珍しい。

こっちを見る鹿さん

こっちを見る鹿さん

採ってきたニカワハリタケは刺身で食いました。ポン酢と醤油と蜜でいただきました。トロンとしたゼラチン状の食感が最大のポイントですが、ポン酢と蜜はほんのりとキノコの香りがしました。

ニカワハリタケの刺身

ニカワハリタケの刺身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)